低金利のカードローンとは

 カードローンには、クレジットカード系、消費者金融系、銀行系のものがあります。

 低い金利でお金を借りたいという人は、クレジットカードでカードローンを使うという借り方は、やらないほうが無難でしょう。

 信販系と、消費者金融系のカードローンには、総量規制という制約があります。

 総量規制とは、収入に応じて一定額以上を借り入れることができないようになっています。

 低金利で融資を受けることが難しい背景には、総量規制によって借入金額が制限されているために、金利を引き下げることができないことがあります。

 銀行では、総量規制に関係なく融資が受けられるものもあります。

 借り入れ上限が100万円を越えるような借り方も、銀行系ローンならできます。

 銀行は信用で成り立っていますので、消費者金融での金利の高いローンを組むよりも、銀行でお金を借りる方が安心できます。

 金利面でも、銀行系カードローンで高額の融資を受けて、低金利で大口の融資を受けるという方法が使えます。

 低金利で、借入金額が大きいという強みはありますが、銀行系のカードローンは審査のハードルが厳しめだったり、時間がかかるという弱点があります。

 金利が低ければ低いほどメリットはありますが、借り入れ時の金額によって変動するので、事前に確認しておいた方が無難です。

 カードローンを銀行系の金融会社で利用した場合、消費者金融会社のカードローンと金利が大差ないこともありますので、要注意です。

 どのくらいの金利で融資が受けられるのか、カードローンを借りる前に情報収集をしましょう。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial