住宅を購入する時は所得税の特別控除が利用できる

 住宅ローンを組んで長期優良住宅を購入し居住すると所得税の特別控除から受けられます。

 2009年に「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が施行され、住宅を長期的に使うための法律ができました。

 長期優良住宅は、耐久度が高く、地震でも壊れず、改修工事がしやすいという特性があります。

 住宅ローンを返済している人は、所得税の控除ができるという形にすることで、長期優良住宅の促進が行われています。

 長期優良住宅は、取壊し時に使えない廃材があまり出ないようにすることで、エコな家にもなっています。

 また、建て替えの頻度が減ることで、国民の住宅ローンに対する負担を減らすことも視野に入れています。

 住宅ローン減税を使わないで住居を購入した場合でも、2017年までなら最大65万円の所得税の控除が可能です。

 家を建てることそのものだけでなく、長期優良住宅はその後も継続的に住居として使えることが大事です。

 歳月を経ても耐久性が維持できるように、10年おきに柱や梁を確認して、必要に応じて直しておくという措置をとります。

 これから、新しく住むための建物を購入するつもりがあるという人は、所得税控除を上手に使うためにも、長期優良住宅を住宅ローンで買うということを検討してみてください。

 控除をしてもらうためには、専門の用紙に必要事項を記入し、指定された書類と共に税務署に出します。

 住宅の購入を考えている人は、少しでもお金を節約するためにも、事前に税金の控除についても調べておくことをおすすめします。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial