銀行系カードローンの特徴について

 カードローンは、保証人や担保などの必要がなく、個人で借りられるローンのことです。

 銀行だけでなく、消費者金融会社など、様々な金融会社が、カードローンを扱っています。

 銀行系、あるいは銀行のカードローンという名称で宣伝をすることで、他の金融商品と差別化をはかっていることもあります。

 金融機関によっては、カードローンといっても同じ条件での融資はしていませんので、事前にチェックしておくことです。

 資本は銀行のものである消費者金融会社や、数社の合併によってできた新しい消費者金融会社も存在します。

 そのような銀行のグループ系の消費者金融会社で取り扱っているのが、銀行系カードローンと呼ばれています。

 銀行系のローンを申し込みをする際には、消費者金融会社との契約となります。

 銀行カードローンは、銀行そのものが個人に対してお金を貸すというものです。

 もしも銀行カードローンから融資を受けたい場合は、銀行に対しての申込みをします。

 銀行系と、銀行のカードローンとは、金融機関そのものが違いますが、消費者金融系カードローンと、信販系カードローンよりは、両方とも金利条件がいい代わりに、審査のハードルが高めだといいます。

 銀行カードローンの特筆すべき点は、総量規制が適用されないところです。

 銀行系カードローンは、総量規制内の融資金額に留まります。

 また、金利やその他のサービス内容は、カードローンによって異なりますので、申し込みをする際には事前にしっかり調べておくようにしましょう。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial