銀行系カードローンは低金利で利用できる

 個人の借り入れ総額が年収の3分の1までに制限されている総量規制という決まりがあるのは多くの人が知っていることです。

 貸金業法で決められている法律であり、クレジットカードのカードローンや、信販会社、消費者金融が対象となっているものです。

 銀行のカードローンは総量規制の対象にならないなど、総量規制については、例外規定がいくつか設けられています。

 銀行からの融資によるカードローンであれば、似たようなものであっても、総量規制を求める時に加えられることはありません。

 銀行系カードローンは、他の金融機関とは一線を画する部分が、さまざまあります。

 銀行系カードローンは、他のカードローンと比較して低金利であるという事は一番の特徴です。

 消費者金融系などと比較すると実質年率が低く抑えられているので、安心して利用できるようになっています。

 資本元が大手の銀行であることが多いので、知名度という点からも心強いでしょう。

 銀行系カードローンは、安心して借りられ、低金利という強みはありますが、申込みから審査が終わるまでが比較的長く、審査の内容も厳しいことが多いようです。

 低い金利で融資を受けられるのは、厳しい審査でバランスをとっているからだといえるでしょう。

 中には、銀行系カードローンには断られたという方もいるようです。

 毎月コンスタントに収入を得ていて、これまでキャッシングを利用して返済を滞らせたなどの経験がない人であれば、銀行系カードローンの審査も問題なく通るものと考えられます。

 他社のカードローンにより借り入れがある人も、審査に通る場合もあるので、まずは銀行系のカードローンを優先して検討することをおすすめします。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial