住宅ローンの借り換えをする時の比較ポイント

 最近は、住宅ローンの金利が下がっているために、ローン自体を借りかえる人がふえています。

 カードローンの場合、ただ低金利の融資に借りかえるだけでは、結果的に損が出るものです。

 金利がただ低ければ何でもいいという借りかえでは得をしないことは、住宅ローンの時でも同じことです。

 金利が低くても損になる場合があるのは、住宅ローンの場合、手数料などで予想外の出費になることがあるためです。

 借り換えの際に必要になる諸費用で大きな割合を占めるのが、保証料と事務手数料です。

 もしも、大手の銀行の住宅ローンを借りかえようした場合、保証料を支払わなければローンの融資が受けられません。

 ネットバンクへ住宅ローンの借りかえを行うという方法も考えられますが、その場合、保証料はともかく事務手数料が問題です。

 事務手数料と、保証料の両方を支払わなければいけないことを考慮に入れると、どの銀行に借りかえる時にも費用はかかります。

 低金利の住宅ローンに借りかえが可能だとしても、すぐに飛びつくのは早計です。

 各種の手数料と、返済金とを合計した金額が、今までの住宅ローンより有利か計算しましょう。

 もしも、これから先前倒しで返済をするつもりがあるという場合は、繰り上げ返済手数料がどのくらいかかるのかをチェックしておくことが、将来のためになりますので、おすすめしたいところです。

 繰り上げ返済をすることで大きく利息を減らせますので、積極的に活用しましょう。

 一度住宅ローンの借りかえについてシミュレーションをしてみることで、どのくらいお得になるかを確認することができます。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial