提携ローンとは

 住宅ローンを吟味している時に聞くことが多いものに提携ローンがありますが、提携ローンとはどんなローンでしょう。

 住宅や土地を購入するためにローンを組まなければいけない時に、提携ローンとは、あらかじめ売り主が銀行と提携して用意してあるローンです。

 提携ローンと、普通のローンとは、どういった差があるでしょう。

 提携ローンの金利は、それ以外の住宅ローンの金利と比べると、最初から低く設定されていることが多いと言われています。

 一般で申し込むよりも低い金利でローンを組むことができます。

 ただし多くの場合は固定金利選択型の全期間一律優遇の場合です。

 審査に要する時間については、提携ローンのほうが、その他の場合より速やかになるようです。

 提携ローンは、既に担保となる住宅の審査は済んでおり、申込み者の審査を行うときには手続きが一つ少ないので、審査に要する時間が短くなります。

 審査の通りやすさについても、提携ローンのほうが有利であるといいます。

 普通の住宅ローンの申込みをする時には審査の結果が思わしくないという人は、提携ローンの審査を検討してみるのもいいかもしれません。

 大抵の場合、銀行に行ってローンの手配をするのは、申込み者本人が行うことになります。

 提携ローンでは自分で揃える書類は少なくて済みますし、手続きは不動産会社が代行してやってくれます。

 不動産会社に提携ローンの煩雑な部分をやってもらうことができれば、住宅購入時の様々な手配についても、かなり楽になるのではないでしょうか。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial